ナトリヤTOP > 特集&コラム > 泣きのお願い ワンストラップチャッカー脱ぎ履き改造計画!

ナトリヤ

 今年(2005年-2006年)の冬は、大雪で大変なシーズンとなりましたが、お陰さまでレザーブーツやラバーブーツが飛ぶように売れました。そんな中、昔買って頂いたワンストラップのチャッカーブーツを持ち込まれたお客様がご来店。

 

お話を伺うと、「このブーツは大好きで、履きたくてしょうがないのだけれど、仕事の都合上どうしても脱ぎ履きが多く、いちいちベルトを外していては仕事にならないし、お客様にも失礼だしどうにかならんでしょうか?」との事。しかも改造した事が判らないように改造して欲しいという無理難題(笑)

「判りました。折角大事に履いていてくれたのだから、できる限り頑張ってみましょうか。でも、失敗しても文句は為しよ。」という条件で引き受けました。

 

最初は、オールデンのモンクストラップ形式で、バックルの所にエラスティック素材を噛ませてやる事を提案しましたが、改造費用が掛かり過ぎるので、お客様からパスのご指示が入ります。仮にそれをやっても、結構伸びてくれないと、脱ぎ履きの改善が余り期待できないし。

 

 

次に考えたのが、ベルクロにしてしまうという提案。これは、コスト的に安くできそうなのでOKを頂きまして、さっそくテスト的にやってみたけれど、バックル部分の処理が綺麗に行かなくて断念します。

 

 

しかし、ヒョッと閃いたのが、内側をベルクロ仕様にしたらどないなもんかという事。試行錯誤(でもないが)して、完成しました。世界で只一つのインサイドベルクロチャッカーブーツです! 一見するとただのチャッカーブーツですが、いざ脱ぎ履きする時は、ベルトの付け根部分をベリベリっと剥がすだけ。なんて簡単でしょう! 匠の技が活きていますね(オイオイッ)

 

 

 

もうちょっとエレガントにできれば良かったけれど、まあ今回は、実用重視という事なので、これで満足して下さいね。

 

 

 

執筆:ナトリヤ4代目 内藤伸樹
※無断転載禁止

ナトリヤ