DENTS , デンツ , グローブ

 

 

DENTSは、新ページへ移動しました。

 

MEN

WOMEN

 

ブランド詳細

 

 

おすすめアイテム

デンツ 15-1629  Moon Tweed×Deer skin×カシミア

 

 

 


 

秋冬デンツフェア開催中

 

会場 シューズサロンなとりや | MAP

会期 今期秋冬中は継続開催。(終了日は未定)

内容 豊富なスタイルと素材のご説明。エイジングの楽しさ。歴史。

   デンツの世界感をお楽しみ頂きけるフェアです。

   既存ユーザーはデンツを装着してお出かけ下さい。<10月14日>

MEN & WOMEN

  

 

 

 

 

 

 

  

 

 

メンズ


計測ポイントは、手の甲囲をぐるりとメジャーにて。
(親指と人差し指の付け根の中間点から小指側の丁度反対側を通過する輪切り)

オフィシャルに発表されているサイズ

  • 7.0インチで、甲囲/約19.0cm
  • 7.5インチで、甲囲/約20.3cm
  • 8.0インチで、甲囲/約21.6cm
  • 8.5インチで、甲囲/約22.9cm

実際はアバウトですので、上記に当てはまらないこともあります。日本人の多くは、何れかの指先が若干余り、指又も余る傾向があります。革は伸びますので、緩く合わせるよりは、ピタッと窮屈目で合わせておくと宜しいかと思います。(指先周辺の余りなどは使っていくうちに徐々に気にならなくなります) 

ちなみに弊社スタッフでは、

男性 実寸21.5cm → ライニング有りで8.0 無しで7.5

ドライビングは、Sだとピッタリだが指が短い感じで指又に空間ができ、Mだと全体が緩い感じですが、Sを使って馴染ませました。

 

 

 

 

レディース


計測ポイントは、手の甲囲をぐるりとメジャーにて。
(親指と人差し指の付け根の中間点から小指側の丁度反対側を通過する輪切り)

おおよそのサイズは

 レディース

  • 6〜6.5インチ(XSまたはS)で、約15.2cm〜16.5cm
  • 7〜7.5インチ(SまたはM)で、約17.7cm〜19.0cm
  • 8〜8.5インチ(MまたはL)で、約20.3cm〜21.5cm
  (実際はもう少し余裕あります)

実際はアバウトですので、上記に当てはまらないこともあります。日本人の多くは、何れかの指先が若干余り、指又も余る傾向があります。革は伸びますので、緩く合わせるよりは、ピタッと窮屈目で合わせておくと宜しいかと思います。(指先周辺の余りなどは使っていくうちに徐々に気にならなくなります)

 

 

 

ブランド詳細

 

 

 
下の写真が片手を作る時に必要な18のパーツです。ライナーで使われているカシミヤはスコットランドのジョンストンズ社製です。 (写真はヘアシープ、ハンドソーン、カシミヤライニング、ストラップ&ローラー付き)

 

 

 
1777年、ジョン・デントが英国ワーセスターにデンツ社を創業してから230年が経ちました。

そして、その決して妥協をすることのない職人技、デザイン性は今でもしっかりと受け継がれています。

 

 
 

紳士を魅了し続ける手袋の世界最高峰。

世界最高峰の手袋として紳士たちの憧れであるデンツの歴史は古く、1777年にまで遡ることができます。ウースター大聖堂で知られる英国のウースターという町でジョン・デントによって創業します。息子であるジョン・デント・ジュニアとウィリアム・デントも15歳のときより7年間にわたり父ジョン・デントのもとで修行し、その後は息子たちの確かな技能によって、デンツの礎が築かれました。19世紀以降になると、高級手袋だけでなく、アクセサリーの大手輸出会社に成長を遂げます。1953年にはエリザベスU世の戴冠式用手袋も手掛ける名誉を授かっています。この手袋はデンツ博物館に特別展示されています。

 

現在デンツの工場はウィルトシャー州ウォーミンスターという郊外の美しい町にあります。この工場では昔と変わらない手袋作りが行われ、一組の手袋を作るのに32もの工程を経てようやく完成します。各工程が終わる毎に注意深く検査し、もし完璧にできていない場合は不合格とされます。こうして厳しい検査を通過したもののみデンツの手袋となるのです。

このデンツの手袋の特徴であるフィット感は、マスターカッター(親方裁断士)の技術と経験によるところが大きく、長年の訓練修行から生まれたカッターの確かな目と、革を注意深くシェーピング(形作り)し伸ばしていくことが最終のフィット感に影響します。その感触は「手袋をしたまま新聞をめくることができる」といわれるほどです。

 

 

 

 

また使われる型紙は1839年から続くもので、20サイズが用意されています。縫製は熟練したお針子が手もしくは機械で縫っていきます。縫製方法は大別すると2種類あり、縫い目が表から見えないインシーム縫製と、合わせ目が外に出ているブリックシーム製法があります。インシーム製法にはシルクのライニングが使われ上品な雰囲気に仕上がります。一方のブリックシームは重い革のときによく用いられ、カジュアルな雰囲気が特徴です。こちらは紳士たちから人気のあるペッカリーの手袋の縫い方で、ライニングには保温性に優れるカシミヤが用いられます。(ノンライニングのタイプもあります。)

ペッカリーは南米高地に棲息する猪に似た動物で、古くからデンツの手袋に使われてきました。着用してみると非常に伸縮性に優れ、独特の柔らかさと風合いがあります。ペッカリーの手袋といえばデンツといわれるほど、長年堅持してきた高品質によって絶対的な信頼を得ています。

イギリス、ウォーミンスターの工場で作られる手縫いのデンツグローブは32工程もの作業を経て一つ一つ丁寧に作られます。皮革の選定から始まって、 カッティング、パーツ分け、縫製作業、ライニング付け、伸ばし、ラベル付け、そしてパッキング。全てに職人達のプロの技術と根気が必要とされます。

 

 

 

 

 

 

ナトリヤ