ルーディックライター

 

 

 

 

LUDWIG REITER
ルーディックライター

 

 

−人気の41X・43XX系・318バドミントン−

ファッション的な格好良さを求めるのなら410系・43XX系のバドミントンモデルが一押しです。革も柔らかくて足入れは全シリーズ中最高に楽です。ただし、ソールの耐久性はあまり高くないので、歩行の多い人やスポーツに使おうと思っている人は注意が必要です。

ルーディックライター

8196L ZEBRA
【ゼブラ】

アニマル柄は様々あれど、リアルなゼブラカラーのルーディックは初めて。

  • (完売御礼)

ルーディックライター

4330L

クラシックヨーロッパのテイストを現代に蘇らせた名作アイテムです。
(完売御礼)

ルーディックライター・LUDWIG REITER

318L

ホワイトペインテッドを全面に施してある独特の質感を表現したモデルです。
(完売御礼)


−伝統継承しつつ新世界を開拓35XX系−
−初代から連綿と続く永遠の定番512系−

良い物をじっくり選んでお気に入りの一足を手に入れたいという人にぜひおすすめしたいルーディックライターとその前進だった復刻キッツマンテルをご紹介します。長く履いてやりたいなら512系をおすすめします。(※ご注意:512系を2回目以降お求めのお客様は、靴底のBW265とかBW270というサイズ表記はあまり当てになりませんのでユーロサイズでお選び頂いた方が間違い無いです)

ルーディックライター・LUDWIG REITER

0512L

セピア調のくすんだ印象を味のあるマスタード色のキッツマンテル復刻モデル。
(完売御礼)

ルーディックライター・LUDWIG REITER

0512L

復刻となったキッツマンテルの名作が登場しました。ルーディックの元祖です。
(完売御礼)

ルーディックライター・LUDWIG REITER

512L

全てはここから始まった。キッツマンテルのリプロダクモデル。
(完売御礼)

 
 
 

<COMPANY PROFILE>
 

 オーストリアのウィーンにある、ルーディックライター社は、1885年ボヘミア北部出身のルーディックライター氏により創立された。彼は、イタリア人親方の元で修行を積み、その後独立し、軍将校用乗馬ブーツやウィーン警察官の靴を製造していた。(この当初から今日まで受け継がれてきたたハンドメイドの真髄ともいえる木釘打ちの靴は、本当に熟練した職人でなければ造ることができず、現在では大変重宝なものなのです。)

その後、北アメリカで現代的な靴作りを学んだ彼の息子、そして、孫のIII世に引き継がれ、伝統的な職人技術とグッドイヤーウェルト方式の製法にこだわりながらも、益々事業は発展した。

現在は、四代目にあたるTill Reiter氏によって経営されている。
 
Mr. Till Reiter
1983年、大学(経済学部)を卒業後、アメリカに渡り、マサチューセッツE.T. Wrightに勤務する。1985年に帰国し、社長に就任。また彼の妻であるBarbare Reiter夫人は、スーパー・バイザ的存在。
 
Mrs. Barbare Reiter 
Vienna Academy Arts(彼女は、当初、特別講師であったJill San-derやJeen-Charlesds Castelbajacに学んだ)を卒業後、結婚。

 四代に亙り、一貫してハンドメイドの高級靴を造り続けてきたが、1992年に卓越したスニーカー製造技術を持ちながら、後継者のいなかったC.Kizmantel(キッツマンテル)社を機材ごと買い取ることにより、さらなる発展を遂げた。
今日もウィーンにごく近いオーストリアで生産され、製品の大多数は輸出されている。また、フランチャイズ・システムを確立させ、ザルツブルグ、ハンブルグ、ミュンヘン、フランクフルトに幾つかの支店を構えるまでになった。
更に、Helmut Lung, Paul Smith, HUGO BOSS等との共同製作や、新製品の企画・開発にも力を注いでいる。

現在の生産国
オーストリア・スロバキアなど東欧中心。

<クレジット表記>欧文: LUDWIG REITER
        和文: ルーディック・ライター


318系の場合の実寸は以下の通りです。

41 全長:約27.5cm  全幅:約9.8cm

42 全長:約28.5cm  全幅:約10.0cm

43 全長:約29.0cm  全幅:約10.4cm

44 全長:約30.0cm  全幅:約10.4cm

(※ただし、手作り品のため個体差による寸法違いは多少あります)
(※型番が変わるとサイズも変わります)

ナトリヤ