靴の各部分の名称と役割
快適な履き心地の靴を選ぶために。


知りたい所をクリックしてください。

 

靴長

一般に言われる靴のサイズとは、"靴長"のことを指す。誰もが、自分の靴長ぐらいは覚えているものだか、いざ靴を購入する際には、サイズだけでなく、実際に試着することが大事だ。なぜなら、人間の足は左右のサイズが微妙に異なっているし、同じサイズの靴でも足入れ感が微妙に異なったりするからだ。ぜひ注意したい。

 

靴幅

靴を購入する際に、サイズと共に必ず聞かれるのがこの靴幅、俗に言う"ワイズ"だ。この靴幅にはAからGまであり、幅広甲高の日本人にはEEが普通幅、EEEがやや幅広いと言える。もし自分の靴幅が分からなくとも、信頼できる店なら測定できる足型が必ずあるはず。まずはサイズ同様、チェックしてほしい。

 

つま先(捨て寸法)

靴の表側から見えない、内部の足と靴との空間部分を"捨て寸法"と呼ぶ。ジャストサイズの靴を選ぶには、このつま先の捨て寸法が非常に重要になってくる。目安としては足の一番長い指10〜15ミリの遊びの空間ができるくらいがベストと言われている。ひもを緩めた状態で爪先まで足を深く入れ、かかとに指1本入るくらいの感じだ。

 

俗にアッパーと呼ばれるパーツが、この甲部分。この部分も快適な歩行性を確保するには大事なポイントだ。人間の足は歩き出すと片足のつま先に全体重がかって、甲の部分も多少の余裕が必要になるのだ。また、甲の薄い人は中敷きで調整すれば遊びがなくなりぴったりする。

履き口

快適でジャストフィットする靴の、条件のひとつに、足入れがソフトかどうか、がある。その足入れのよさを左右するのが、この履き口だ。当然、歩行の際には足が微妙に動くわけだから、足が直接当たる履き口がソフトでないとすぐに靴ズレの原因となる。上質なレザーを使用した靴になるほど足入れはソフト。

 

かかと

ジャストサイズの靴を選ぶ際のチェックポイントとしてよく引き合いに出されるのが、このかかと部分。まず、かかと部分に小指1本が差し込めるかどうか、が靴を選ぶ時の常識的チェック項目。また、靴の出来不出来をチェックするポイントとして、かかとの根元のツリ込みの残りジワの有無を見る。あるものは不出来な靴なのだ。

別冊MEN'S CLUB「シューズスタイル」(婦人画報社)より抜粋に、あらたなる項目を加えました。

 

Natoriya