第10回

オルジナルシューズとは?

●本日はオリジナルシューズについてお話しします。●

 日本の靴文化は所詮40〜50年。そうほんの最近までは靴なんて履

いていなかったんです。では、それ以前はどうしていたか。

 それは、草履や下駄。いわゆる和物靴です。しかし、現在はそれ

らの履物を好んで履く機会なんてお祭りやお正月位なものでしょう

(最近では、お盆でも履かない)。しかし、昔ながらの履物でも今の

靴に決して負けていない要素があるのをご存じですか?

それは、ビスポーク! すなわちオーダー生産品だったということで

す。ところが、昨今の洋物靴は利益中心、経済中心の環境の中、日

本に根付いてしまったためか、オリジナルで靴を作ろうとする人が

ほとんどいません。それどころか、靴はお店で買うものと決め付け

ている人もいるくらいです。ところが、ちょっと海外を覗いて見る

と有るわ有るわビスポークのお店。しかも、普通の父ちゃんや奥さ

んが製作依頼をしている。それも、普段履く靴としてです。

 とても、日本ではお目にかかれない光景ですね。でもね、これっ

てごく自然な事だと思うんです。特にドイツでは、医学的な見地か

ら物を見始めている様です。日本はこんな所からも世界に置いてい

かれつつあるのかもしれませんね。

 さて、前置きが長くなりましたが、以下に弊社に於けるオリジナ

ルシューズとはどう言うものかを簡単に書いて置きました。オリジ

ナルシューズ初体験の方に是非読んでいただければ幸いかと思いま

す。オリジナルシューズの楽しみを知って、いつか一足作ってみま

しょう。

 

 

〜オリジナルシューズとは〜

 オーダーメイドは、パターンオーダーとビスポークの2通りがあり

 ます。パターンオーダーとは、ある程度の基本デザインが決まっ

 ていて、その中からお好きなパターンを選んでいただきます。素

 材や色、飾り、コンビにしようか、ワンカラーで統一しようか、

 考えただけでも楽しみが広まります。

  また、ビスポークは完全なオリジナルのシューズを作れます。

 

〜採寸方法〜

 簡単な方法は、足のサイズをお教え頂き、そのサイズを元に制作

 します。ただし、ジャストフィットとはいきません。次に確実な

 方法としましては、弊社から採寸用紙をお送りして、実際にご自

 身で採寸して頂く方法です。ただし、これは1人では無理ですの 

 で、2人でお願いします。そして、最も確実な方法は、弊社へお出

 でいただいて弊社スタッフに採寸してもらう方法です。これな 

 ば、間違いなく完璧に足に合った靴を制作可能です。

 

〜制作時間〜

 パターンオーダーは少なくとも3ヵ月、ビスポークになりますと最

 低でも6ヵ月は、時間を必要とします。ただし、どちらも世界に一

 つの、しかも自分の足に合った靴を作るということですから、満

 足度は計りしれないと思います。

 

〜料金設定〜

 パターンですと、\48,000〜\68,000位で出来ます。ビスポークで

 すと、メーカーに問い合わせしてみてからです。というのは、素

 材のランク、スエードでもピンきりですし、カーフでもランクは

 存在します。また、牛のどの部分の革を使うかによっても価格は

 変化します。また、革の相場もありますので、一概においくらと

 言えないのが現状です。つまり、話しを進めていく内に段々と料

 金が決まっていくのです。

 

〜決済方法〜

 クレジット決済はOKです。やり方としましては、弊社を御信用い

 ただいてカードをお送り頂くか、もしくは、ショッピングクレ 

 ジット書類を弊社からお送りして、必要事項を書いて返送して頂

 く方法のどちらかになります。

 

〜御注意〜

 採寸用紙ならびに木型からは、一種類の靴しか作れません。次回

 別の靴を制作する時は、もう一度採寸して、木型を起します。良

 く勘違いされるお客様が多いので、一応書いて置きました。

 

 

もし、お時間がお有りでしたら是非弊社へ来て採寸してみませか?

採寸事体は直ぐに終わります。20分位でしょうか。それよりも、素

材選びや飾りや色選びで、時間が掛かるかもしれませんね(笑)。

 

         September,7 1998