________________________________________

■パトリック・リビエラ・アドーブ日記 5

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 

こんにちは。暑い日が続きますが、皆様如何お過ごしでしょうか。

さて、今回は羽根(フラップ)についてです。第3回位に書く予定でしたが、すっかり忘れ

去っていました。当店にご注文くださるお客様で、よく「私は幅広甲高なんですぅ」とい

う人が沢山おります。しかし、それは大抵思い違いでして、まず幅広甲高の人はいません。

ほぼ間違い無く普通タイプの足です(^_^)。

 

以前は自分でも幅広と思っていたのですが、違っていました。思い違いになる原因の一つ

に靴紐が綺麗に絞められないというのがあります。すると、*羽根(フラップ)のV字が広く

なって不格好になってしまうというのが勘違いの原因なんです。しかし、実際は日本人の

ほとんどがそういう足なのです。靴は、展示してある状態では、この羽根のV字が誠に

綺麗で、靴のフォルムがスマートに見えるのです。でも、そのフォルムを維持したまま

足を入れる事はできません。ほとんどが開いてくるのです。

それが普通なのです。

 

ですから、私のリビエラも展示されていた状態よりも羽根が開いています。あとは、如何

に自分の足にあわせてレース(紐)を調節するかです。細くシャープに見せる事は可能です

が、そうすることによって足への締め付けが強くなり、靴擦れする原因になりかねません。

ですから、全体に緩む様に、V字も全体で広がる様に調整していきます。結果そんなに違

和感なく履き心地も最高の自分の靴になるのです。リビエラも調整が完了するまで何日か

要してしまいました。まあ、そんなもんです。

 

靴だけにこだわり過ぎて、洋服とのバランスを崩すよりよっぽどマシですよ。トータル

バランスでいきましょう。

 

*羽根。フラップともいう。靴紐を通す部分の名称。ちなみに紐が通る穴をハトメという。

鳩の目に似ているからだ。(アイレットとも言う)