ヌバックサンダルのお手入れ方法のご紹介です。

 

ヌバック部分の面積はさほど多くはないのですが、やはり足首などの汚れが目立ちます。

サンダルのベルトの汚れだと思いますが、それは手や足の油分ではないでしょうか。

履いたり脱いだりする時に少しずつ油分が付着していつの間にか汚れた様になるのです。

足指の跡が付いていませんか?ヌバックは部分洗いができません。テクニックが必要なんです。

一度自信のある方に勧めた事がありますが、失敗したそうです。ケア方法としては、

補色をお勧めいたします。汚れをよーく落としてから(下記に記載)白のチョークに紅茶を含ませて、

少しずつ様子を見ながら補色します。

(靴の色よりも、チョーク+紅茶の色の方が少し濃くなる位が目安)

少し塗っては、サンダルを離れた所に置いて眺めて下さい。目立たなくなったらOKです。

塗り過ぎには注意してください。時間をかけて少しずつです。最後に防水スプレーです。

これは汚れ止めに使用します。20センチ以上離してスプレーします。

 

注)ただし、物によっては稀に変色することがあります。 

目立たない部分に吹き付けてみて5分したら確認してください。 なんともなければ大丈夫です。

シュッシュッシュッと吹き付けて下さい。シューーーーーーと長く吹き付けないでください。

(この辺の表現が難しい;;)


<道具は?>

ケアー用のラバーがあります。その他に細番手のワイヤーブラシをご用意ください。

靴屋さん、ハンズ、ロフト等で購入できます。

もちろん、なとりやでも扱っていますよ。(^_^)

<道具選びの目安>

ワイヤーブラシ--------------ハリスのワイヤープラシ980円

スエードスポンジ-------------コロンブス500円

ラバー--------------------コロンブス1000円

防水スプレー-----------------コロンブス1000〜2000円(内容量による)

<一般的なお手入れ方法>

まず、最初にワイヤーブラシで砂ぼこり等を落としてください。

次に専用のクリーニングスポンジもしくは、ラバーで汚れを落としてください。

仕上げは、柔らかめのブラシで、汚れを落とした後のくずを取り除いてください。

最後に防水スプレーで仕上げます。 これが、基本的なお手入れ方法ですが、

汚れがひどい場合は次の様な処置をなさって下さい。

1)汚水及び泥で長期間放置なさった場合は汚れが革に定着しておりますので、

 目の細かなサンドペーパーで軽く表面を削り落として下さい。

2)油性分の汚れの場合は、中性洗剤で汚れを落とすのですが、 

 かなりテクニックが必要なので、御自分ではなさらないのが懸命でしょう。

3)ジュース・お酒・ビール等糖分のある飲み物等をこぼされた場合は 

 なるべく早く水洗いなさった方が良いかと思います。 

 (濡れタオルで叩く等。-------でも、絶対に水に浸さないで下さい)


注)ケアーに関しては以下の様な留意点があります。

 黒・ネイビー・ダークブラウン等濃い色は、比較的お手入れが楽です。

 ピンク・イエロー・ホワイト・ベージュ等淡い色は汚れが残り易いのでまず、

 出来るだけ汚さない様にしてください。薄色の補色は、白のチョークに紅茶を

 含ませたり紺のインクを含ませたりして、良く乾かし靴全体をぼかす様な

 テクニックを試して下さい。水洗いはしないで下さい。まず、失敗します。

 なかなか文章では、説明が難しいので、分からない部分があると思います。

 分からない事がありましたら、いつでもどうぞ。