[ご覧のページは、約10秒後に新ページへ自動的に切り替わります]

切り替わらない場合は、こちらをクリック

 

PATRICK , パトリック

 

 1892年、西フランスのプソージュという村で靴職人であるPatrick Benetau(パトリックベネトー)が息子達と靴を作り始めた。“一足一足に情熱を込める”父が語ったその言葉を、その息子達、そして孫達へと受け継がれていった。1930年“PATRICK”はサッカースパイクを中心としたスポーツシューズを中心としたスポーツシューズで高い評価を受けた後、1972年ついにシューズの後方に鋭く刻まれた「2本線」が誕生、ブランドのイメージを更に強烈なものとした。その後カラフルなスポーツシューズはファッションに敏感なパリの人々から注目を集めて行くことになった。日本へは、1978年に上陸を果たす。当時機能だけが注目されていた「スニーカー」の中で、鮮烈なカラーリングや洗練されたフォルムは、流行に流されない洒落者達から密かに注目を集めてきた。当時のコピーである“足元のメークアップ“を現在でも忠実に受け継ぎ、流行に左右されることのない、洗練された大人のファッションを表現するブランドでありたいと考える。そして足元から独自のセンスとスタイルのある、自由で心地の良い「ライフスタイル」を常に提案しつづける。

 

 

 

 1978年頃に日本で展開されて人気を獲得したOAHU(オアフ)のリバイバルモデル。過去にも何度か再生産されていて、今回で何度目になるか分りませんが、40年以上も人気が継続しているスニーカーというのも凄い事実ですね。そして、新作IRIS-VRは、2色展開でご用意しました。シーズンポット生産なのでお買い逃しのないように! <11月7日>


 

 秋冬PATRICKの定番的人気アイテムBOSTONのシーズンスポットカラーモデルとして登場した518563-BRN(ブラウン)です。温かみのあるベロア素材を全面に採用した雰囲気抜群のスニーカーです。70年代のクラシカルなシルエットやディテールもほぼ当時のままに再現。スポンジソールの下には、ブロックパターンの天然ゴムソールが張り付けられていてクッション性やグリップ感も最高です。<10月25日>

 


 

 カジュアルなんだけどビシネスでも使えるギリギリのラインを攻めてご提案するパトリックVATIAです。潔いフルブラックのボディーは、透明感のあるキップレザーを採用しています。光が当たった際の光沢感が透き通るような上質な革の質感がポイントです。スニーカーでも高級感が感じられる一足。<10月16日>

 


 パトリック秋冬WOMENモデルのご紹介。限定生産モデルとしてデザインされたMARLING。英国MARLING & EVANCEのラムウール素材をアッパーの50%以上に採用した作品はお洒落で気持良い一足。そして、素材提案型モデルQUEBEC-SWです。とても大人シックなデザインでシンプルなコットンスニーカー。スポーティな本家ケベットと並べても同じものに感じないのが不思議です。<10月14日>

 

 

在庫リスト
パトリック 526562 BOSTON2-NVY 【ネイビー】

 パトリックの伝統を引き継ぐ名作BOSTONの最新作BOSTON2 (ツーはギリシャ数字)。現代的アプローチで、30年前の作品とは思えない履き心地と当時そのままのスタイリングを再現した作品です。アッパーは、オールドファン納得のベロアを採用しています。色は、ネイビーに細かなディテールをホワイトで引き締めています。<9月12日>

在庫リスト
パトリック CARDIFF 530628  KKI

 PATRICKが、80年代に展開していたハンドボールシューズを再現したCARDIFFです。現代版のNEWソールに変更されてスッキリとしたシルエットとなっているのが特徴です。激しいプレー中でも音を上げない爪先のバンパーガード。そして、大きな面積を占めるベロア素材は、衝撃に強いマテリアルとして採用されています。<9月6日>最後の逸品

在庫リスト
パトリック BRONX 3002-J NV/KI

 男性女性問わずお洒落に履けるPATRICKの最新限定モデルのご紹介です。BRONX 3002-Jは、往年ファンには懐かしいBRONXの名を冠したカラー限定バージョンです。ネイビーとカーキを組み合わせたシックな秋らしい装いを感じさせる配色が大人のテイストに仕上がっています。<9月5日>

 

 

 

 

 

オリジナルシューレース製作

 

 

 

 

 

 

ナトリヤ